MacBookを複数パーティションに切ってXPを入れる方法

MacBookにて複数パーティションに切った状態でOSXとXPのデュアル環境を実現する方法。
まあ、MacBookに限らないと思いますけど。きっとVistaも気をつけることは同じかな。

BootCampのセットアップでちょいはまり」ってのをちょっと前に書きましたが、それのまとめみたいな感じのメモ。

1.OSXでCD起動。 Cを押しながら起動するとCDから起動します。

2.まずディスクユーティリティを起動してパーティションを切る。
注意:
XP用のパーティションは三つ目以内の一番下にないといけないらしい。
OSXはどこでも大丈夫。
そんなわけで三つ以上には切れない。
XP用はFAT32でフォーマットしてください。
それ以外はFAT32でフォーマットしないでください。

例:
・データ用
・OSX用
・XP用(FAT32)

3.OSXのセットアップ。普通に進めてください。

4.XPのCDを入れて起動OSに設定。
nLiteとか使ってSP3まで統合しちゃうとその後のアップデートとか便利。

5.CD起動してXPのセットアップ。こちらも普通に。

6.セットアップが終わってXPが起動したらOSXのCDを入れてドライバをインストールする。
CD入れたら自動で起動してBootCamp入れてくれる。らくちん。

7.OSXに切り替えてデータ用のパーティションを両OSから読み書きできるようにFAT32でフォーマット。
ここはまあいろんな方法があるんですけどね。XPにMacDrive入れるとか。NTFSでフォーマットしてMacにMacFUSEとntfs-3gを入れるとか。NTFS for Mac OS Xを入れてみるとか。

そんなこんなでデュアル環境完成。

関連記事

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ


comment

Secret

 

Ads
プロフィール

はち

はち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カウンター