スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Public DNSを試す

海の向こうではこんなことが起こってるらしい。

米Googleは米国時間2009年12月3日,公開DNSサーバー「Google Public DNS」の運営を開始した。ドメイン名の名前解決処理が従来のDNSサーバーに比べて高速なため,Webページ閲覧時などの待ち時間を短縮できるとしている。
Google,高速DNSサーバー「Google Public DNS」を公開 - ニュース:ITpro


なるほど。とりあえず試してみよう。
使い方は簡単。

Google Public DNSを使うには,OSが参照しているDNSサーバーのIPアドレスを「8.8.8.8」または「8.8.4.4」に変更する。このように設定すると,ドメイン名をIPアドレスに変換する際にGoogle Public DNSに問い合わせるようになる。Googleは,IPアドレスのキャッシュ処理を改善したほか,キャッシュ済みDNSレコードが消去される前に自動更新するようにして,問い合わせ回数を減らし,名称解決を高速化したと説明している。



ってわけで、DNSの設定を手動にして「8.8.8.8」「8.8.4.4」と設定すればいいらしい。

でもまあ高速DNSサーバーって言われても海外だしね。あんまり影響ないだろ
と、おもいつつ設定してみた。



あれ?

なんか速くね??!!





気のせいな気がしなくもないけどねwww


とりあえずこのままの設定でしばらく使ってみようと思います。
あとで速度測ってみようかな。

関連記事


comment

Secret

 

宿・ホテル予約ならじゃらんnet
Ads
プロフィール

はち

はち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
気になる商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。